ゲイのカミングアウトした有名な芸能人15名!

出版元 07/22/2020
広告

世間に公表されていてもされていなくても、ゲイの方はたくさんいます。自分がゲイである事実を隠して活動を続けている芸能人もいれば、一方、近年では「カミングアウト」をして自分がゲイであることを公表している有名人もたくさんいます。特に海外では有名人であれどもゲイであることをカミングアウトしている方もたくさんいます。

むしろ欧米の方が、ゲイ文化に対しての社会的理解があるかもしれません。そんな現状において、ゲイであることが公になっている有名人15人をご紹介します。

ゲイであることは決して恥ずかしいことでも悪いことでもありません。むしろそういう特別な特徴と才能そして勇気を備え持った自分に対して大いなる誇りをもってほしいと思います。最近は日本でも社会的にゲイ社会を受け入れつつある傾向が見られます。ご自身がゲイであることを中々周りに言えないという方にとって、本記事が少しでもカミングアウトの後押しになってくれればと願っています。尚、この記事に書かれている内容は全て実話です。

ティム・クック

ティム・クックは世界的にも有名なアップル社で代表取締役を務める敏腕な実業家です。最近はナイキ社の取締役も兼任しており、フォーチュン500社のリーダーとしても活躍しています。クックは自分の地位を気にせずに、堂々とゲイであることをカミングアウトをしました。またカミングアウトした時、彼の発言の中でも「ゲイであることは制約ではなく、特徴です。」というフレーズは世界中でも有名で、ティム・クックをゲイと知らない人はまずいないと言えるでしょう。

ティム・クック

ティム・クック

マツコ・デラックス

日本で最も有名なゲイタレントと言えば、マツコ・デラックス!日本人ならばマツコ・デラックスを知らない人はいない、日本のメディアでマツコ・デラックスを見たことがない人はいないといっても過言はありません。マツコはゲイ雑誌の編集者として働いていたという経歴も有名です。そしてとびっきりの頭の良さ、ユーモア、センス、面白さ、毒舌ぶり、そして何よりもLGBTの方への配慮の素晴らしさから、多くのゲイの方々から圧倒的な支持を得ています。日本が誇れる、日本を代表するゲイ有名人と言えるでしょう。

マツコ・デラックス

マツコ・デラックス

タッド・フジカワ

日系米国人のタッド・フジカワはプロゴルファーです。タッドは、男子プロゴルファー界でゲイであることをカミングアウトした初めての人物として有名です。ハワイ州のホノルル出身で、実は自分が長年ゲイであることを公表したいと考えていたようですが、初めは決心がつかず躊躇していたそうです。タッドは思春期から自分の存在やゲイであることに対して精神的葛藤が常にあったと語っています。しかし、アメリカで他の有名人のカミングアウトを知り、自分がゲイであること恥じている事が間違っていることに気づいたそうです。その後ゴルフ界でも順調に実績を広げたことから、自分への自信がついたとのこと。ゴルフ界初、堂々とゲイであることを世の中に公表しました。そしてその行為は他のゲイの人たちを大きく勇気づけたと言われています。タッドは今現在も、他のゲイの方が少しでも生活しやすい世の中になるよう、日々活動を続けられています。

タッド・フジカワ

タッド・フジカワ

イアン・マッケラン

イアン・マッケランはアメリカの有名俳優です。映画、X-MENでマグニート役を演じました。この映画がブレイクアウトした際に、一躍有名人になりました。意外なことに、多くの方は彼がゲイであることを知りませんでした。実はイアンは今から30年も前ゲイが社会的に受け入れられていなかった時代に、ラジオインタビュー中に自分がゲイであることをカミングアウトしていました。それはとても勇気のある行動でした。有名人でゲイカミングアウトの先駆者とも言えます。

イアン・マッケラン

イアン・マッケラン

ウェントワース・ミラー

ウェントワース・ミラーの顔を見たことがあるという方も多くいることでしょう。米国フォックス社制作サスペンスドラマ、プリズンブレイク。その堂々たる主演者の役を果たしたウェントワース・ミラー。ミラーはこの番組で一躍大スターになりました。ミラーは幼少時代にゲイであることを悩み続け、心の中でいつも葛藤があったと語っています。何度も自殺を考えたこともあるそうです。ミラーは2013年のロシアで開催されたサンクトペテルブルク映画祭への参加を断固拒否しました。それは、当時ロシアの法律にあった「同性愛宣伝禁止法」に徹底的に反対していたからです。その差別的な法律への抗議がきっかけで、自分がゲイであることを公表しました。葛藤、悩みの多かった幼少時代から、勇気ある素晴らしい俳優に成長しましたね。

ウェントワース・ミラー

ウェントワース・ミラー

ホーランド(K-POP界)

ゲイに対する差別がきついと言われている韓国の芸能界で、K-POPスターとして現在大活躍しているホーランド。新曲「ネバーランド」の歌をリリースした24時間後、160万回再生という記録を生み出し、今ではK-POPでホーランドを知らない人はいないと言っても過言ではないぐらい大人気です。K-POPスター初のゲイであることをカミングアウトをしたホーランド。MV内で堂々と男性同士のキスシーンも公表しました。ホーランドは、コ・テソプという本名をあえてホーランドにしたのは、ゲイ同士の結婚を世界で初めて合法化したオランダ国への敬意をこめて名前を選んだと語っています。K-POP界でも異色のホーランド、今後の活躍に期待です。

ホーランドK POP界

ホーランドK POP界

ケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシーはハリウッドでとても有名な俳優です。スペイシーは抜群の演技力で数々の有名映画に出演してきました。スーパーマン・リターンズの映画でケヴィン・スペイシーを見たことがある方も多いのではないでしょうか?スペイシーは高校時代より俳優の道を目指して頑張り始めました。そしてその甲斐あって今まで様々な賞を獲得しました。2017年にセクハラ疑惑で複数の女性達から訴えられましたが、その事件と同時期に自分がゲイであることを告白しました。カミングアウトすることで、自分の潔癖を晴らしたかったのでしょう。しかし「セクハラの件を誤魔化すためにゲイをカミングアウトした!」と世間から厳しい批評も受けました。スペイシーの事件と告白には未だ賛否両論の意見があります。ハリウッドで色々とニュースが絶えないお騒がせ有名人の一人です。

ケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシー

ニール・パトリック・ハリス

アメリカニューメキシコ州出身の俳優、また映画監督であるニール・パトリック・ハリスは、「ママと恋に落ちるまで」の海外ドラマのバーニー・スティンソン役を熱演したで有名になりました。ハリスはその優れた演技力から数々の賞を獲得し続けただけでなく、各賞のオープニングセレモニーではミュージカルナンバーを披露したり司会を務めたりと今やひっぱりだこです。2006年にゲイであることを公表し、その後も俳優、コメディアンとして活躍しています。また彼は、2010年に代理母から2児を授かった父親でもあります。元俳優のデイヴィッド・バーカと結婚、二人で子育てに奮闘中です。同性婚が合法なアメリカだからこそできることですね。

ニール・パトリック・ハリス

ニール・パトリック・ハリス

ジョージ・タケイ

米国日系二世の生まれであるジョージ・タケイ。タケイはカリフォルニア州ロサンジェルス生まれの俳優です。タケイの父親は山梨県出身でアメリカへ移民、母親はカリフォルニア州生まれの日系二世。タケイ自身、1941年の日米開戦によってカリフォルニア州トゥールレイク強制収容所へ強制送還されました。そして幼少の頃から戦争などで苦労が絶えない日々を送ってきました。UCバークレー(カリフォルニア州立大学バークレー校)からUCLA(カリフォルニア州立大学ロスアンゼルス校)に編入し、演劇学修士号を修得。全米でも有名な映画、スタートレックのヒカル・スールー役がきっかけで一躍有名人になりました。芸能界だけではなく、クリントン大統領から個人的に指名を受け、日米文化教育交流会議プログラム運営を兼任。さらに日米友好基金の理事などを勤める経歴を持ち、日系アメリカ人界では有名で誇り高き人物です。2005年にゲイであることを公表後、ゲイの権利のための活動に尽力してきました。そして、世界の人権団体から数々の受賞をしています。誠実で真摯、気さくな人柄は日本人のみならず、ゲイ界の多くの人々に親しまれています。

ジョージ・タケイ

ジョージ・タケイ

スティーブン・フライ

イギリス人の俳優、スティーブン・フライは、俳優業だけではなく作家、コメディアン、ジャーナリスト、映画監督としても有名です。イギリス国内のラジオやテレビの出演も非常に多く、これまで6冊の小説も出版しています。フライは色々な事を同時にこなせる才能あふれるフライ。映画「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」で、フライの顔を見たことがある人も多いのではないでしょうか?しかしコメディアンや司会としてのフライの人気はもっと高く、イギリスクイーンズイングリッシュの本格的英語の発音、豊かな語彙力、ダークユーモア、そして深みのある声はフライがゲイであることとは関係なく多くの人々を魅了してやみません。ロンドン、ハムステッド出身のフライは先祖はスロバキアからの移民で、ユダヤ系です。フライのいとこや叔母はホロコーストの犠牲者でアウシュビッツ強制収容所で亡くなっています。フライはゲイであることを公表していますが、本人曰く、自分は90%はゲイであるが、時折女性に魅力を感じることもある、すなわちバイセクシュアルであると語っています。

スティーブン・フライ

スティーブン・フライ

トーマス・デーリー

トーマス・デーリーはイギリス出身の男子飛び込み競技選手です。デーリーは飛び込み選手としてずば抜けた成績を持っています。ロンドンオリンピックなどの数々の大会でメダルを獲得しています。デーリーは9歳の頃から国内外の競技会で堂々たる世界ランキング一位の成績を収め、知名度を一気に上げました。飛び込み競技会ではデーリーを知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。2013年にユーチューブでゲイであることをカミングアウトしました。デーリーの交際相手はアメリカの映画脚本家のダスティン・ランス・ブラックだそうです。二人は恋人関係を2014年に公にしました。そして二人は2017年に結婚しました。デーリーは恋人であるランスに支えられながら長年飛び込みを続けているそうです。異性同士であれ、同性同士であれ、心の支えとなるパートナーの存在はどの世界でも大切ですね。

トーマス・デーリー

トーマス・デーリー

ザカリー・クイント

ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の俳優であるザカリー・クイントです。有名なハリウッド映画「スタートレック」で、スポック役を演じたり、数々のテレビドラマにも出演しました。クイントは2011年ゲイであることをカミングアウトしました。ゲイの若者が自殺した際に、クイントは「公に自分がゲイであることをと公表しない知らせないままゲイとして生活することは、単純に完全な平等への道のりで待ち受ける偉業に有意義な貢献を果たすのには十分でないはない。」と公言しました。この公表前からクイントはトレヴァー・プロジェクトなどの団体と同性愛者の権利について支援してきました。従ってクイントのカミングアウトは、世界的にインパクトを与えました。

ザカリー・クイント

ザカリー・クイント

ロバート・キャンベル

ロバート・キャンベルは米国ニューヨーク市ブロンクス出身の日本文学者です。キャンベルはとても知的です。ハーバード大学で博士号取得後、東京大学名誉教授としても務めています。それだけでなく様々なメディアに出演することで、コメンテーターなどとしても全米のマスコミで活躍しています。キャンベルは日本語も流暢で、数々の本を出版しています。その一方で2018年にゲイであることをカミングアウトしました。2017年には20年近く一緒に過ごしたパートナーと同性結婚したことでも話題となりました。

ロバート・キャンベル

ロバート・キャンベル

チャーリー・カーバー

米国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の俳優であるチャーリー・カーバー。アメリカで有名なドラマ「デスパレートな妻たち」に出演して、一躍大スターになりました。最近は日本でも有名になり、チャーリー・カーバーを知っている人は数多くいるのではないでしょうか。2016年に自身のインスタグラムアカウントから「幼い時に自分がなりたいと思っていたような人間になれ。」というメッセージで自分がゲイであることをカミングアウトしました。そのメッセージの最後には「ゲイであることを誇りに思う」と書かれていました。ちなみにカーバーには双子の兄がいますが、彼もゲイであるチャーリー・カーバーを支えてくれる大事な人間の一人だとのことです。

チャーリー・カーバー

チャーリー・カーバー

橋口亮輔

長崎県生まれの映画監督で、脚本家でもあり橋口亮輔は、日本でそして世界でも有名です。橋口氏は高校生の頃から自主製作で映画を撮り始め、大阪芸術大学を卒業後、1985年に正式な映画監督、脚本家として本格的な活動を開始しました。「渚のシンドバット」は特に有名な映画作品で、その他日本映画優秀賞や最優秀脚本賞を受賞した有名作品を次々と生み出しています。橋口亮輔氏は、今や非常に評価が高い監督です。そして海外においても、あの有名なカンヌ国際映画祭で監督部門正式招待作品として「ハッシュ!」が選ばれました。映画監督界において、すばらしい経歴があります。またゲイ映画の先駆者としての活動もしています。橋口氏自身、うつ病を乗り越えた経験や中学時代のいじめの経験などを克服しました。そして深い映画作品を次々と生み出しました。今でも才能あふれる超有名な映画監督として更に仕事に励んでいます。

橋口亮輔

橋口亮輔

広告