米国男性が広大な土地を購入して探索中、不思議な鉱山を発見!そこで一体何が起こったのでしょう?

出版元 02/02/2021
広告

一生において私たちは自分のドリームハウスを建てることを夢見る時があります。この米国出身の男性、クリストファーはドリームハウスを夢見て、とても壮大な土地を手に入れました。

ドリームハウス

クリストファーはドリームハウスをずっと夢見ていました。常に土地を探していました。土地探しの途中、かなりのめりこんだクリストファーは警察と不動産屋が禁止したにもかかわらず、あらゆる場所を探索しました。そこは誰も住めるような状況ではない広大な森でした。

House of His Dreams

ドリームハウス

徹底した調査

クリストファーは徹底的な調査を重ねに重ねて、彼はこの土地を購入することを決心しました。そして購入した土地に新しい家を建てるにあたって、更に森を探索しました。そこで彼は何を見つけたのでしょうか?驚きの事実をご紹介します。

Screenshot 17

徹底した調査

森をさまよいながら

クリストファーが購入したこの土地は41エーカーもある森でした。誰もがこの森に人が住めるとは、その時は想像もしていませんでした。しかし彼はそんなことなど気にもしていませんでした。

Wandering The Woodland

森をさまよいながら

調査の結果

クリストファーは自分の土地とその周辺を時間をかけて調査し続けました。この森は四季がはっきりしていて、たくさんの木が重なって生えています。その光景はすばらしく絶景でした。特に秋の紅葉の時期には、この森を一層美しくしていたのです。

Screenshot 15

調査の結果

オートパイロット

クリストファーはこの土地でどんな家が建てられるかいつも想像しながら探索していました。彼は都心部から離れたここの静かさとたくさんの木、そして鳥の鳴き声が好きでした。彼の心と体はまるでオートパイロットのような状態でした。クリストファーは自然が大好きでした。

Screenshot 14

オートパイロット

これは何?

クリストファーが森を探索している途中である不思議な物を見つけました。彼がとてつもなく興味を持ったのはこの洞窟でした。この洞窟は木々で隠されていて誰かの秘密基地のようでした。ぱっと見は、木のように見えました。これは一体何だったのでしょう?

Screenshot 16

これは何?

謎の洞窟

クリストファーはこの洞窟に近づいてゆっくり周りを観察しました。この得体のしれない洞窟を探索することに興奮してアドレナリンがたくさん出ました。洞窟の表面はたくさんの木で覆われていたものの、実は3フィートの穴が奥にあることを発見しました。

The Mysterious Structure

謎の洞窟

破棄された場所

クリストファーはこの洞窟の穴に入ることにしました。泥と葉っぱで覆われていた洞窟の中を見回しました。中で見たものは信じられない物でした。体が興奮で震えました。さて洞窟の中には何があったのでしょうか?

Screenshot 21

破棄された場所

鉱山の壁

実はこの洞窟には鉱山が眠っていました。そしてこの鉱山は分厚い苔で覆われていました。この苔をそぎ落とさない限り、表面だけを見たのでは鉱山だと判断することが出来ませんでした。彼はワクワクした気持ちがとまりませんでした。

The Walls

鉱山の壁

大量の鉱山

クリストファーが土地を購入したときは、誰も鉱山のことを何も言いませんでした。きっと誰も知らなかったのでしょう。クリストファーが探索をしている途中で、ここに鉱山があることに気が付いたのです。鉱山を見つけた時は宝物を見つけたみたいにとても興奮しました。クリストファーはまるでインディアナジョーンズにでもなったような気分でした。

Screenshot 1

大量の鉱山

良くない決心

クリストファーは洞窟の中の入ろうとした時、中にどんな危険が待っているかなんて考えもしませんでした。彼は完全に無防備でした。懐中電灯だけを手にして、彼は洞窟の中に入っていきました。息を殺して洞窟の中を進んでいきました。

Screenshot 10

A Bad Decision

足音のエコー

いざ洞窟の中に入ってみると、洞窟の壁は濡れていて危なそうでした。歩くたびに自分の足音がエコーとなって聞こえてきました。暗くて見えなかったものの、自分の足跡が付いているかどうか気になりました。懐中電灯のスペアの電池を三つ持ってきたので、クリストファーは洞窟を徹底的に探索する予定でした。

Echoing Footsteps

足音のエコー

光る物

クリストファーは洞窟を進みました。ふと懐中電灯を照らした場所で、彼は何か光る物を目にしました。この光っている物が金だったらと思うと心が躍りました。彼はもう夢中になって探索しました。まさしくアドベンチャーでした。

Screenshot 13

光る物

寒い沼地

季節は夏だったので、外は暑かったですが、洞窟の中は湿気があって気温が下がっていました。彼は自分の足跡が深くなってきているのに気が付きました。洞窟の中は沼のようになっていました。これは赤信号でした。もしかしたら鉱山からガスが漏れているかもしれなかったからです。

Cold And Damp Inside

寒い沼地

得体の知れないエコー音

クリストファーはトンネルの中を徹底的に懐中電灯を照らして観察しました。しかし洞窟は果てしなく続いていました。クリストファーは自分が洞窟に一人でいて、もしかしたら戻れないかもと思いました。突然、洞窟で変なエコー音が聞こえてきました。

Screenshot 20

得体の知れないエコー音

暗闇と寒さ

クリストファーは洞窟の大分奥まで進んでいました。洞窟の気温はかなり低く、暗闇と寒さに襲われていました。ここには生きている物は彼自身以外何もいませんでした。音も、足音もありませんでした。彼は懐中電灯をぎゅっと握って、光を失わないように気を付けました。光を失ったらもう最後です。

No Light, No Warmth

暗闇と寒さ

何かが隠れている

洞窟を進んでいる途中、いきなり彼は何かの声を聞き取りました。あまりにも不気味で背筋が凍りました。彼は思わず誰だ!と叫びました。しかし自分の声のエコーを聞いただけでそのエコー音はぴたっと止まりました。

Screenshot 12

何かが隠れている

換気システム

クリストファーは完全に沼地に足を突っ込んでいました。彼の足はもう何十センチも沈み、前に進むのが難しくなっていました。いきなり彼は頭上に黄色い古い換気システムを発見しました。しかし換気のパイプが朽ちて壊れていました。何故こんなところに換気システムがあるのでしょうか?

Old Ventilation System

換気システム

奇妙なエネルギー

突然、クリストファーは恐ろしくとても変なエネルギーを感じました。背筋がゾクゾクして、体の震えが止まりませんでした。彼は何のエネルギーか分かりませんでしたが、何かが彼を見つめているように感じました。真っ暗な洞窟の中で、何かが息をひそめているように感じました。

Screenshot 4

奇妙なエネルギー

小さな光

その奇妙なエネルギーを感じた時、洞窟全体の温度が下がりました。そして約150フィート先に小さい光を見つけました。この光は一体何だったのでしょう?

Screenshot 24

小さな光

揺れている物体

この小さな光を見た時、クリストファーは大きなショックを受けました。彼の周りには何かが揺れているような気配がし、あまりにも不気味で、ここから先は進まないように警告しているみたいでした。

Swinging

揺れている物体

そこにいるのは誰?

クリストファーが立ちすくんでいた場所には、たくさんの鎖が吊り下げられていました。そしてそれらが何となく揺れていました。なんとも不気味な光景でした。なぜこんなところに鎖があるのでしょう?しかも一つ二つではなくたくさんありました。彼は急いで洞窟から脱出することにしました。彼の心臓は洞窟を抜けるまですごい鼓動を打っていました。

Screenshot 6

そこにいるのは誰?

電話

クリストファーは一目散に逃げました。もう何も見えず、洞窟の出口のことしか考えていませんでした。やっとの思いで洞窟から出た彼は、急いで家路につきました。そして何よりも一番に彼の不動産会社に電話をしました。彼は電話で洞窟で何が起こったかを説明しました。エージェントは一緒に洞窟へ行ってもう一度調査しようと提案しました。

The First Call

電話

鉱山の丘

不動産と話し調査した結果、この辺りにはたくさんの鉱山が眠っていることが発覚しました。それを聞いてクリストファーは少し安心しました。それと同時に彼は極度の緊張のあまり、呼吸が出来なくなり体が硬直しました。

Screenshot 25

鉱山の丘

金縛り

クリストファーは不動産会社と電話を切ってすぐ、自宅の台所で金縛りに遭い、まったく動くことが出来なくなりました。すると突然家の電気が消えかけたのです。彼は驚きましたが平穏を装いました。にもかかわらず、急に停電しました。まるでホラー映画のワンシーンのようでした。

Dropping Temperatures and Flickering Lights

金縛り

温度計

彼は暗闇を探りながら電気のブレーカーまでたどり着きました。電気の停電による暗闇は洞窟での暗闇をクリストファーに思い出させました。深呼吸を何度も試みて、少しずつ体に酸素が入ってくるのを感じました。ふと彼は電気を慌ててつけるよりこのまま暗闇でいることの方がいいのかもと思いました。そこで彼は懐中電灯を握り、温度計を照らしました。

Screenshot 11

温度計

急激な室温低下

数秒かで室内の温度が急降下したのをクリストファーは感じ取りました。家の中なのに息が出来ないぐらい寒気を感じました。彼は何故だろうと思いました。しかし夜と停電の暗さで何も見えず原因を追究することは到底無理でした。

Screenshot 18

急激な室温低下

機械的な問題

彼はブレーカーに懐中電灯を当てました。ブレーカーに問題はなさそうでした。スイッチも全部入っています。クリストファーは電気のプロではなかったものの、もしブレーカーが問題で停電になったなら、それぐらい自分で分かりました。むしろブレーカーの問題で停電した方がよかったかもしれません。

Technical Problems

機械的な問題

ドアのベル

きっとワイヤーに何か異変があったのでしょう。クリストファーはそう自分に言い聞かせて落ち着こうとしました。心配することは何もない、とりあえずは安全だと思いました。そして懐中電灯を照らしながら台所で水を一杯飲み、二階へあがろうと階段を上り始めました。するとその時突然、玄関のベルが鳴ったのです。

Screenshot 3

ドアのベル

ランダル氏

クリストファーはドアを開けました。するとそこにはランダル氏が立っていました。彼は電話の後、不動産エージェントからクリストファーの様子を見に行くよう頼まれて訪ねてきたようです。そしてランダル氏はクリストファーに鉱山のある場所へ一緒に連れて行ってくれるよう頼みました。

Meet Mr. Rudall

ランダル氏

嵐の前の静けさ

そこで二人は鉱山のある森へ一緒に歩いていきました。空はその時点で灰色の雲に覆われていて暗い状態でした。嵐がやってきそうな勢いでした。クリストファーはランダル氏を洞窟の入口へ連れて行きました。そしてランダル氏に危険な状態なので十分注意するように警告しました。

Screenshot 23

嵐の前の静けさ

問題の洞窟

そこに着いた時、二人は懐中電灯を取り出しました。そして洞窟の壁を照らすと以前よりもっと鉱山の壁は前よりもっとキラキラしていました。壁を見ていると目がチカチカするぐらいでした。ランダル氏はこの壁に近づき査定しました。彼はまるでクリスマスの日に子供がワクワクしているかのように見えました。

Screenshot 19

問題の洞窟

古い噂

ランダル氏は改めてクリストファーに今二人は鉱山のど真ん中にいることを伝えました。そう言いながら彼は鉱山の壁をずっと見つめていました。二人はここに金が眠っている可能性があると思いました。そして以前誰かが鉱山を掘ろうとしていたことも明らかでした。しかしこのプロジェクトは何らかの理由で中断されたのです。

Old Gossip

古い噂

捨てられた金

ランドル氏はここに金が埋もれているという噂を聞いたことがありました。でもその噂が本当だったかどうかは分からないままでした。しかもランドル氏自身金の鉱山を見たことがありませんでした。クリストファーはどうして金の鉱山の開発が途中で放棄されたのか説明が出来ませんでした。

Screenshot 8

捨てられた金

ノック

クリストファーが洞窟を見つけた時とりつかれたかのように何も考えず中に入りました。彼自身きっとここに金が眠っていると直感的に思っていました。それでなくてもこの鉱山のことがどうしてももっと知りたかったのです。従って彼は懐中電灯と予備の電池を手にして鉱山に入りました。

Knock Knock

ノック

洞窟の水の原因

トンネルに入った時、150フィートほど進み戻ってきました。恐怖心はありましたが、今回は洞窟の最後まで進む決心をしてきました。洞窟の全体を知ることが唯一彼にとって謎の解明につながったのです。洞窟の600フィートぐらいの地点で彼は何故水が洞窟の中にたくさんたまっていたのかを判明しました。

Screenshot 5

洞窟の水の原因

震え

彼の目の前にあるドアがありました。前回同様、進むごとに身の毛がよだちました。水が彼の顔に滴りました。クリストファーは深呼吸をしてドアをノックしました。もちろんこの先に金があるという希望は捨てていませんでした。

Screenshot 9

震え

別世界

彼はまるで別世界を歩いているような気がしました。洞窟の外は温かかったけれどもこのドアの先は冷凍庫ほど寒かったのです。壁も冷え切っていました。そしてドアの先は想像よりもボロボロでした。彼の狭所恐怖症の発作が彼を襲いました。彼は今にも逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。するとその時懐中電灯が何か妙な物を照らしました。

A Different World Altogether

別世界

何かが起こっていた

彼は部屋の中を見回しました。部屋にはがらくたが積み上げられていました。どうしてこんなところにがらくたを集めていたのでしょう?そうしているうちにクリストファーの息がだんだん浅くなってきました。だんだん息が出来なくなってきました。確かにここで何かが起こっていました。

Screenshot 7

何かが起こっていた

そこで住む

それらのガラクタを見ながらクリストファーはここで誰かが住んでいたのではと疑いました。なぜなら朽ちたマットレスを見つけたからです。そうだとすると彼が謎に思っていたことが解けました。クリストファーはこの古いマットレスを見ながら思いました。一体どれぐらいの間ここで人が住んでいたのでしょう?

Living Down There

そこで住む

隠れている

もしかするとここで隠れていたのかもしれません。でも一体誰がこんな場所で隠れていたのでしょう?きっとその人物はここにある秘密を守るために身を隠していたに違いありません。クリストファーはドアの近くに行きましたが何も見つけられませんでした。ここから出ようとした時彼は壁にある物を見つけました。

Screenshot 22

隠れている

ブロックの隠し場所

彼は壁の近くのブロックに懐中電灯を当てました。そのブロックに近寄りよく見ました。そのブロックは何かの隠し場所のように見えました。

A Brick Hideout

ブロックの隠し場所

悪夢

彼はそこにある引っかかれた跡を触りました。誰かがここで爪で引っかき傷をつけたのです。ナイフほど鋭いものでつけられた跡ではありません。しかしセメントにはくっきり跡が残っていました。誰がここにいたのでしょう、そしてどうしてこんなひっかき傷をつけたのでしょう?

Screenshot 2

悪夢

壁に書かれていたこと

ひっかき傷を追っていくと他の物が見えてきました。これらはもうただのひっかき傷ではなく文字になっていました。それらの文字は単語となっていました。しかし彼はまだそれらが何て書いてあったのか分かりませんでした。彼はカメラで写真を撮りました。家に帰ってこれらの写真で謎を解明するつもりでした。

Writing On The Wall

壁に書かれていたこと

寒気がした

この間ここでは何の音もない静寂でした。しかしクリストファーはいきなり何かの大きな音を聞いたのです。誰かがそこにいました。彼は一瞬で心臓が凍るような不気味な感覚を覚えました。全身に寒気がして身震いしました。彼は懐中電灯をその音の方向に向けました。しかしそこには何もありませんでした。すると突然彼の首元で誰かが息を吹きかけたのを感じました。

Screenshot 1

寒気がした

飛び上がる

彼はその瞬間飛び上がりました。しかし次の瞬間、首元で感じたその生暖かい息は無くなりました。そsh知恵クリストファーは背筋が凍るような寒さを感じました。クリストファーが感じた息は確かに後部から来ました。前部や横部からではなく後部から、しかも首元から来ました。クリストファーは強い恐怖感に襲われて、彼は全身の力を振り絞って逃げ出しました。

Screenshot 3

飛び上がる

全力で逃げる

クリストファーは全身で身の毛がよだつようなひどい感覚に襲われました。彼はこの場所で何かひどいことが起こったことを直感で感じました。彼の理性は平静を取り戻すように命令していましたが、彼の直感は別の事を命令していました。彼は直感を信じました。なので全力でそこから逃げ出しました。

Running For His Life

全力で逃げる

彼の直感は当たっていた

この金の鉱山がそのままにされていたのは、クリストファーがそこで感じたひどい直感が原因だったのでしょう。後になって彼はこの鉱山についての想像していたような恐ろしい話を耳にしました。

Screenshot 2

彼の直感は当たっていた

狂人のように

その洞窟の全てが不気味でした。クリストファーはこの洞窟に二度入りましたが、二度ともホラー映画のような恐ろしい感覚に襲われました。彼は洞窟でその恐怖感と共に集中することが出来ませんでした。進めば進むほど、無事に家にたどり着くことしか考えられなくなりました。

Like A Madman

狂人のように

グーグル調査

やっと家に着いてから彼は玄関のカギを二重に閉めました。彼は二度目の鉱山の探検で、あそこで何か恐ろしいことが起こったことを確信しました。クリストファーは何があったかどうしても知りたくて、ネットでとりつかれた洞窟について調査し始めました。

Help From Google

グーグル調査

広告