妊婦を救った愛犬の軌跡の実話

出版元 04/26/2021
広告

ペットを飼っている人の多くは、ペットが人の気づかない危険を察知して教えてくれることがあるといいます。ペットは本能的に危険を感じそれを飼い主に知らせてくれるのです。直感的に危険を感じることができるのは動物の本能なのです。今から紹介するお話はアルハンナ・バトラーとその愛犬ケオラに起こった本当の出来事です。アルハンナと彼女の婚約者リッキーは彼女の妊娠にとても喜びました。しかし妊娠4か月ごろ、ケオラが大きくなってきたお腹に向かって吠えたり引っかいたりと奇妙な行動をとるようになりました。

新しい家族

アルハンナとリッキーはお互い出会った瞬間に恋に落ちました。子どもが欲しかったアルハンナは病院から妊娠したといううれしい知らせをもらいました。彼女は妊娠する前から子供の成長を一緒に見守ってくれる犬を飼いたいと考えていて、二人はかわいい子犬ケオラを新しく家族として迎えました。

ケオラはすぐにアルハンナの妊娠に気が付きました。人懐っこく賢い子犬だったケオラは妊娠を察知した瞬間より一層優しくなると思っていました。ケオラは片時もアルハンナのそばを離れず、新しい命の誕生を飼い主と共に待ちわびているように思えました。散歩の代わりにほとんどの夜をソファで過ごし、ケオラは日に日に大きくなっているアルハンナのお腹の上に頭を乗せくつろいでいました。しかし、突然ある日ケオラの様子が変わったのです。

新しい家族の誕生

新しい家族

奇妙な行動

穏やかで優しかったケオラは突然、アルハンナのお腹に向かって攻撃的な行動をとるようになりました。大きくなったお腹にうめき声をあげ何時間もお腹を引っかき始めました。またケオラは何かを見せるかのように鼻をアルハンナのお腹に突き刺そうとするようなしぐさをしました。しかしアルハンナとリッキーは愛犬の行動を全く理解できずにいました。この時には全くわかっていませんでしたが、実はケオラはとても重要なことを伝えようとしていたのです。

ケオラの妙な行動

奇妙な行動

順調な妊婦生活

アルハンナはほとんどの女性が経験するつわりがなかったこともあり妊娠生活を彼女なりに楽しんでいました。夫婦は生まれてくる赤ちゃんに会うのをとても楽しみにしていました。後には兄妹も欲しいと考えていました。妊娠期間は何事もなく立っていくかと思われましたが、ケオラはおかしな行動をとり続けていました。大きくなったお腹を強く推すこともありましたが、夫婦はあまり問題視していませんでした。しかし夫婦は次第に考えを変え、ケオラが何かを伝えようとしているのではないかと思い始めました。

順調な妊娠生活

順調な妊婦生活

急激な激痛

妊娠16週目に達した時アルハンナは腰にこれまでに経験したことがないほどの激痛を感じました。歩くことも話すこともできず、彼女は突然の激痛に困惑しました。赤ちゃんは大丈夫なのか、無事産まれてきてくれるか、不安な思いがアルハンナを覆いました。リッキーはすぐに最寄りの病院に彼女を連れていき、原因を突き止めようとしました。

急激な痛み

急激な激痛

病院にて

リッキーはアルハンナと赤ちゃんの心配でなにも手につきませんでした。病院の専門医に助けを求め、夫婦は不安な中医師の見解を待ちました。担当医は母子ともに何も異常がないことを告げ、赤ちゃんに悪影響を与えるためこれからはなるべくストレスの無いように生活を送るように伝えました。何も問題がなかったことに安心し夫婦は家に帰りましたが、そこにはまだもう一つの問題がありました。

病院で

病院にて

疲労感

夫婦が家に帰ってきてまず、ケオラを抱きしめました。激しい腰痛は治ってはいませんでしたが、アルハンナは医師の言葉を信じて赤ちゃんが生まれるまで安静にリラックスした生活を送ることにしました。帰宅すると彼女はベッドに横になり痛みを和らげようとしました。経験したことのない激痛は彼女にとって耐えがたいものでした。

極度の疲労

疲労感

フェイスブック

次の日アルハンナはフェイスブックにある投稿をしました。彼女の体を心配する友人や家族に赤ちゃんと彼女の無事を伝えようとしたのです。激しい腰痛は続いているが母子ともに健康であると、医師が言った通りに報告しました。さらに彼女は最近のケオラの奇妙な行動についても書きました。この投稿を見た友人や家族はすぐに暖かいコメントを載せ、ケオラの奇妙な行動についてもコメントを寄せました。その中にはケオラの行動が何か悪いことを伝えているのかもしれないから医師に再診を求めるようにというメッセージもありました。

フェイスブックにて

フェイスブック

ケオラのメッセージ

ケオラはアルハンナにいったい何を伝えようとしていたのでしょうか。普通犬が起こす行動には何か理由があります。当時、アルハンナは愛犬がとるこの奇妙な行動にどう対応したらいいのかわかりませんでした。医師の言葉を信じないのも不安でしたが、腰痛はそれからも消えなかったため、次第にケオラが本当に何か伝えようとしていたのだと考え始めました。

ケオラが伝えたかったこと

ケオラのメッセージ

アルハンナの母

多くのアルハンナの友人がもう一度病院に行くべきだといいました。そして中には犬の人間には見えないものを見る能力を信じている人もいました。

一向に体調がよくならないアルハンナにセカンドオピニオンを求めるように説得したのは彼女の母親でした。アルハンナの母親は動物の本能や直感が人間よりも何倍も優れていることからケオラの行動には何が理由があることを確信していました。

アルハンナの母親

アルハンナの母

アルハンナを止めたケオラ

翌日目を覚ました彼女はまだ腰痛がありましたが、仕事に行く準備をはじめました。しかし家を出ようとしたアルハンナをケオラは止めました。彼女の周りから離れず警告するように泣き続け彼女の行く手を阻みました。彼女にはケオラが何を伝えようとしているのかわかりませんでした。そして突然糸が切れたようにアルハンナはその場に崩れ落ちました。大きな音を聞いたリッキーが駆けつけ彼女をすぐに緊急治療室に連れて行きました。

アルハンナの行動を阻止したケオラ

アルハンナを止めたケオラ

緊急治療室で

運ばれた緊急治療室でアルハンナは意識を取り戻しました。そして彼女に起こっていた症状を担当医師に詳しく話しました。医師はアルハンナの様態を詳しく調べ一連のテストを行い、なぜ彼女の体に強い痛みと倦怠感があるのか原因を探りました。果たして深刻な問題があるのか、それともストレスによるものなのでしょうか。みんなが検査結果を辛抱強く待ちました。そして愛犬ケオラの伝えようとしていたことが明らかになったのです。

緊急治療室にて

緊急治療室で

腎臓感染症

彼女が受けたテストの結果が担当医師によって伝えられました。それは非常に悪い知らせでした。アルハンナは非常に珍しい二重腎感染症という病気を患っていたのです。病院に搬送されるのが少しでも遅かったら彼女と赤ちゃんの命は助からなかったでしょう。彼女は赤ちゃんと自分の命が危なかったことに恐怖を感じました。

腎臓感染症

腎臓感染症

大きな不安が襲う

担当医はこの緊張自体に抗生物質による治療を開始し、腎障害を避けるために必要なケアを施しました。アルハンナは容態が安定するのを感じましたが、おなかの中にいる赤ちゃんの安全を案じました。大きな不安をぬぐうこともできず彼女はすべてがうまくいくことを祈ることしかできませんでした。

極度の不安

大きな不安が襲う

治療の効果

治療の間、担当医は彼女とお腹の赤ちゃんの様子を注意深く見ました。そして幸運なことに治療は効果を上げました。アルハンナは腎臓感染症を克服し母子ともに健康になりました。妊娠は彼女にとって長くつらいものでしたが誰もが新しい家族の誕生を楽しみにしていました。

治療の成功

治療の効果

待望の赤ちゃんの誕生

アルハンナは合併症と大きな不安に悩まされた妊娠期間を乗り越え、2015年11月に赤ちゃんが誕生しました。夫婦は生まれた男の子をリンカーンと名づけました。待望の赤ちゃんの誕生に夫婦は喜びました。母親の深刻な病気に負けず、リンカーンは元気に生まれてきました!夫婦はこれ以上ない安堵を感じケオラにとても感謝しました。そしてついにリンカーンとケオラが対面する瞬間が訪れました。

待望の赤ちゃん

待望の赤ちゃんの誕生

退院

出産の後リンカーンは病院で数日を過ごした後、夫婦と共に家に帰りました。待ちに待ったケオラとの対面に夫婦は期待を抱きました。ケオラの奇妙な行動や必死に何かを伝えようとしていた姿が目に浮かびました。ケオラに大きな愛情を持っていたアルハンナは新しい家族をケオラが好きになってくれるか少し不安に思いました。

退院して

退院

赤ちゃんリンカーンと愛犬ケオラ

夫婦は小さな新しい家族を連れて帰宅しました。長く大変な時期を乗り越え家族みんな揃って家に帰ることに幸せを感じました。賢いケオラはアルハンナとリッキーが新しい家族を連れて帰ってきたことにすぐに気づきました。そしてケオラはすぐにリンカーンに近づき、一目見た瞬間からリンカーンに興味を示しました。彼のそばを片時も離れず、まるで二人はずっと一緒にいた兄弟のようでした。

リンカーンとケオら

赤ちゃんリンカーンと愛犬ケオラ

仲良し兄弟

ケオラが新しい家族を見た瞬間からリンカーンに対して愛情を示したとき夫婦は驚きませんでした。リンカーンが家に来た瞬間からケオラは彼のベッドのそばから離れませんでした。リンカーンが昼寝しているときも、食事をしているときも、おもちゃで遊んでいるときもケオラは彼のそばを離れませんでした。ケオラとリンカーンはお互いから離れることがなく親友のようでした。

リンカーンが大好きなケオラ

仲良し兄弟

ケオラの愛情

リンカーンに対する愛情にあふれるケオラでしたが、彼らの体格さのおかげで誰もが誤ってリンカーンを傷つけてしまうのではないかと心配しました。しかしケオラはいつでもリンカーンと一緒にいるときはとてもやさしく寄り添っていました。一部の動物が持っていると言われる第六感をケオラは備えているようです!ケオラの優しい心は写真を見るだけでもわかります。ケオラは赤ちゃんリンカーンを暖かく家族に迎えました。

あふれる愛情

ケオラの愛情

一緒に成長するケオラとリンカーン

リンカーンはケオラと共にすくすくと成長しました。そしてあっという間にリンカーンは1歳になりました。ケオラとリンカーンはお互いに切り離せないかけがえのない存在になりました。2人で一緒に何時間も遊びました。そして二人の絆を誰が見ても明らかでした。夫婦は二人の赤ちゃんをとても愛らしく誇りに思いました。

一緒に成長

一緒に成長するケオラとリンカーン

お散歩

犬が昔から人間の親友であることは誰もが知っています。まさしく二人の関係は大親友でした。二人のお気に入りは近所の公園で長い散歩をすることです。夫婦がリンカーンのベビーカーを押している間、ケオラはその周りを離れることなく一緒に歩きました。さらにケオラは毎日散歩の時間を知らせ、リンカーンの身支度をアルハンナが始めるたびに興奮ではしゃぎました。

楽しい散歩

お散歩

お昼寝

もちろん赤ちゃんと犬にとって長い散歩はとても疲れるものだったため、散歩から帰ると二人は必ず一緒に昼寝をしました。二人が一緒に昼寝をする姿はとても愛らしいものでした。夫婦にとっても二人が特別な絆で強く結ばれていることはよくわかって慰安した。二人は自然と特別な友情と愛情で結ばれて行きました。

お昼寝

お昼寝

ケオラの誇り

アルハンナはケオラが彼女とリンカーンの命を救ったと信じていました。彼女にとって子らは愛犬でありヒーローでしたが、それは周りの人にとっても同じだったようです。ケオラの存在はうわさで急激に広まりRSPCA(王立動物虐待防止協会)から、「動物ヒーロー賞」にノミネートされました。夫婦は愛犬と共に授賞式に出席しケオラは賞を受賞しました。ケオラのとった行動はこの名誉ある賞にふさわしいものでした。

ケオラの名誉

ケオラの誇り

笑顔の家族

誇りあふれる愛犬ケオラは毎日小さなリンカーンを笑顔にさせます。それは何事にも変えられない素晴らしい笑顔です。この二人をつないでいる絆は永遠に続くでしょう。リンカーンはまだ赤ちゃんですがケオラとの絆は小さくても理解しているようでした。彼らの絆は時と共にさらに強まりました。もしケオラがあの時アルハンナに警告していなかったら今どうなっていたことでしょう。現在家族が笑顔で幸せに暮らしているのはケオラのおかげです。この写真に写っている笑顔がそのすべてを物語っています。

全てを語る笑顔

笑顔の家族

広告